加古川 山田歯科医院 歯科 予防歯科 インプラント 訪問歯科診療

加古川市 東加古川の山田歯科医院
兵庫県加古川市平岡町新在家1474
TEL:079-425-5600
0120-898-118
問診票ダウンロード

 

東加古川駅の山田歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

 

予防歯科

予防歯科とは・・・

・「歯なんて年齢を重ねると抜けていくのはしょうがないよ。」
・「両親も総義歯なもので、自分もいつかは歯が抜けていってしまうのはしょうがない。」
・「1本や2本歯が抜けたところで、痛くもないし今までどおりに食事できるから
そのままで放ってあるよ。別に痛くもないし。」
こう思われている方は、多くおられます。


果たして本当にそうなのでしょうか?
昨今の歯科医療の現場ではいろいろなことが 判明してその対策もわかってきつつあります。

わかってきたこと

1.歯が抜ける原因の第1位は歯周病と、かみ合わせの負担による歯のぐらぐらからきます。歯を支える骨や歯茎が弱って抜けてしまいます。全体の6-7割程度と言われています。

2.第2位は、虫歯で歯がなくなって抜歯にいたるケースです。全体の2-3割程です 。

3.残りが、噛む力によって歯が割れたり、外傷で歯をなくしたりするケース1割程度です。
ほとんどの方が50歳以降に歯がぐらぐらして抜けてしまうと、言われています。


更にもともと28本ある歯のうち20本以下に減ってしまったり、
奥歯の噛み合わせがなくなった頃から途端に、抜ける頻度・スピードが上がることも、よく臨床の現場では目の当たりにします。


さてこれらの原因をどれだけの方がご存知で、どれだけの方が実際に対策をされているのでしょうか?

昨今の歯科医療では、予防歯科の分野が非常に注目されており、歯周病でも予防が1番と言われています。


 

 

口腔ケア

口の中を清潔に保ち誤嚥性肺炎を予防する

口の中を清潔に保つことは、おいしく食べるために必要ですが、それ以外にも誤嚥性肺炎を予防するという効果があります。東北大学医学部老年科の佐々木教授は、老人の肺炎は脳梗塞などの脳の障害により、口腔や咽頭の反射が低下して口腔の細菌を気管に誤嚥して起こることが多く、口の中の雑菌を減らす口腔ケアを毎日実施することによって、肺炎が40%減ったと報告しています。
(神戸新聞2001.5.1朝刊)

5分間の口腔ケアで肺炎が減少
知能機能の減退も小幅にとどまる


東北大学大学院内科病態学の研究グループ〔佐々木英忠教授(現・秋田看護福祉大学学長)〕らは、1996年から2年間行った比較対照試験で、食後5分間の口腔ケアが高齢者の肺炎発症、死亡率低下、さらに認知機能の低下抑制にもつながることを確認した(Journal of American Geriatric Society 2002;50:430-433)

研究は11の老人保健施設の入所者417例(平均年齢82歳)を対象に、毎食後5分間の口腔ケア(ブラッシング、不十分な場合は消毒を追加)を実施。ケアあり群、ケアなし群にランダムに割り付けて、肺炎の発症と肺炎による死亡率を2年にわたり追跡した。
追跡期間中に肺炎を発症していたのは、ケアあり群11%、ケアなし群19%。肺炎による死亡率もケアあり群の7%に対し、ケアなし群では16%と高く、口腔ケアを行っている群で有意に肺炎の発症と重症化が抑えられていることが示された。

Mini Mental State Exami-nation(MMSE)でも、ケアなし群では2年後に3.0ポイント低下していたのに対し、ケアあり群では1.5ポイントの低下にとどまっていた。日常生活動作(ADL)の減退も口腔ケアを行っている群で小幅にとどまっていた。
なお口腔ケアの効果は、歯のある・なしにかかわらなかった。
(Medical Tribune Vol.39,No.1,P17より転載)

 

定期健診

■ 定期健診はなぜ必要?
当院では、定期健診による、お口の健康をオススメしています。

定期健診では、クリーニングや歯周病検査を行い、お口の健康を良い状態で維持していくためのもので、歯の予防においては、一番大切なことです。

病気の再発や発症を未然に防ぐことが出来るため、早期発見で最小限の治療ですませることができます。
2ヶ月に1度は、定期健診をされることをオススメします!!

私たちは、プロスタッフによる予防プログラム、個人別データ管理により、 長期にわたって、あなたのお口の健康を全力でサポートいたします。

予防先進国では、定期健診率が80~90%と言われています。

このように、80歳で20本の歯を保つには、 定期健診は欠かせません。
医療法人 山田歯科は、さらにその上を目指しています!

▼ 定期健診では、こんな事をチェックしています

・治療した歯の様子はどうですか?
・ブラッシングは上手くできましたか?
・歯肉の具合はどうですか?
・新しい虫歯は、出来ていませんか?
・かみ合わせに問題はありませんか?
・その他、気になるところは??

▼ おそうじ以外にも、してみてはいかがでしょうか?
・フッ素塗布
・ブラッシング指導
・ホワイトニング